BOGGYのイタリア料理と山と野草

イタリアファンのBOGGYが作って食べるイタメシのプログです。 登山、ピクニックのアウトドア・イタリアンはいかがでしょう。 革工芸も始めました。

故郷を想う-50年ぶりの「めかぶ納豆」

110322-mekabunatto00.jpg
画面クリックで拡大画像


私は1945年(昭和20年)の8月20日の正午に、福島県双葉郡双葉町(旧新山町)の疎開先で、ラジオの玉音放送を聞いた。
当時私は4歳だったので、放送された言葉の意味など分る筈もなく、大人達がラジオの前に正座して、放送を聞き、全員が泣いていたことだけが記憶に残っている。
そしてそのまま東京に戻ることなく、高校を卒業するまで、そこで暮らすことになった。少年時代から多感な思春期の初めまで暮らしたこの町は、私の故郷である。



故郷を離れて40年が過ぎて、大震災と津波が故郷を襲い、その上原発事故の追い打ちである。
放射能の拡散による避難命令で、双葉町や近隣の市町の人々が散り散りになって、避難先でのその難儀な暮らしを聞いていると、早く無事で戻れるようにと祈るしかない。
最悪の事態を考えたくは無いけれど、その時には避難した町の人たちは二度と町に戻れなくなるかもしれないという不安に怯えてもいると思う。
毎日立て続けに、テレビで、原発事故のニュースでわが故郷の双葉町の名前を聞かされているので、この町での暮らしのことを毎日のように思い出している。

何時も行くスーパーで、芽かぶのパックが売られていた。
これまでもきっと同じ場所で売られていたと思うのだけれど、目に入らなかったのだと思うけれど、今は故郷双葉町の記憶が引き出されやすいせいか、これが目に付いたのだと思う。
双葉町は西には山地があり、東は海に面した土地で、郡山と呼ばれる海岸まで、町から歩いて20分ほどで行ける。
聞く所によると、この海岸は後には福島県で唯一、環境省から快適に泳げる海水浴場として認定されたという。
ネットで検索すると、この海岸の写真が一つみつかった。
当時は、護岸も白いレストハウスのようなものも無い、松の防風林と白い砂浜があるだけだった。

110322-kooriyamakaigan.jpg


中学時代には、夏になると毎日のように放課後は海に通った。
町から続く田んぼ道を歩き、松の大木の防風林を越えると、白い砂の浜辺があった。
浜の右手には、断崖の岬があって、ここには黒い烏貝(ムール貝)が岩に付き、海底にはワカメの林の中にウニが沢山いた。
当時の少年達は、皆肥後の守という折り畳みナイフを肌身離さずに持っていて、このナイフで遊び道具を作っていた。

110322-higonokami.jpg


海ではこのナイフを使って、烏貝を岩から剥がして、焚き火の上のブリキ板の上で焼いたり、採ったウニを割いて黄色い卵を取り出し、海水で洗ってそのまま食べたり、ワカメを根元から切り取ったりしていた。
海に付くと、まず最初にワカメを根元から切り取り、長いまま熱い白砂に広げて干す。
帰りにはかなり乾いたワカメを束にして持って帰るのだ。
このワカメの根元がいわゆる「芽株」で、太いワカメの幹がある。
家に帰ると、お袋はこのメカブを摩り下ろして納豆に加えて「メカブ納豆」を作った。
スーパーでこのメカブを見た時に、瞬間的にこんな浜の光景が目に浮かんで、ついこのメカブを買った。

110322-mekabunatto02.jpg


このメカブをまな板の上で細かく切り、次に根気よく包丁で叩いて微塵にする。
この次の手順をお袋がどうしたのか、覚えていないけれど、くすんだ色のメカブが魔法のように、鮮やかな緑色に変わるのだった。

110322-mekabunatto03.jpg


今回は、この微塵にしたものを電子レンジで加熱すると見事に緑色になった。
これに、少しの醤油と出し汁を加え、卵と納豆を入れ、練り辛子を加えて、しっかり混ぜる。

110322-mekabunatto04.jpg


これを炊き上がったご飯にかけて、刻み海苔を乗せて出来上がり。

110322-mekabunatto01.jpg


五十年ぶりのめかぶ納豆は、忘れていた故郷の海の香りがして、胸が熱くなった。
この平和だった故郷が原発事故の前の姿で、町の皆さんに無事に戻って来ることを祈りたい。



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ayameさん今日は。
コメントありがとう。
生まれは東京の目黒区の鷹番町で、落語の「目黒のサンマ」の発祥の地でした。
3歳の時に、空襲を逃れて双葉町に疎開したのです。
こんなことでやはり私の故郷は双葉町なのですね。

ワカメはやはり春に芽が出て育つのだと思います。
海水浴は夏なので、ワカメを採るのはその時でしたが、ワカメは一年で枯れてしまうのではなさそうです。
食べて美味しいのはその年に芽が出たワカメてすね。柔らかくて美味しいです。
メカブ納豆一度お試しくださいね。

BOGGY | URL | 2011-03-27(Sun)09:32 [編集]


Boggyさん、福島県の出身だったのですね。さぞかしいろいろな思いが交錯されたのかと思うとじんときます。

芽株ってこれだったのですね。
スーパーでパッして食べるばかりになっているものしか知りませんでした。
先日も友人が芽株を切り刻んでいたら力が入りすぎて腕が筋肉痛だと言っていましたが、今旬なのですか?

ayame | URL | 2011-03-26(Sat)20:26 [編集]