BOGGYのイタリア料理と山と野草

イタリアファンのBOGGYが作って食べるイタメシのプログです。 登山、ピクニックのアウトドア・イタリアンはいかがでしょう。 革工芸も始めました。

低山散策「八曽山(黒平山)327m」BOGGY会110127

110127-yasoyama-00.jpg
画面クリックで拡大画像


2011年初めてのBOGGY会は、昨年12月に予定していて天候でお流れになった、愛知県犬山市の八曽山に行って来ました。
ここは犬山八曽自然休養林と呼ばれ、犬山市の東部から岐阜県境に位置する通称愛岐丘陵と呼ばれる丘陵性山地で、犬山、八曽の二つの国有林で構成され、全区域が飛騨木曽川国定公園に指定されています。
八曽山(黒平山)は八曽エリアの自然休養林にあります。
私は登山を始めて1年の2006年6月に一度来ていて、懐かしい場所でもあります。



待ち合わせ場所の、八曽山の今井側の出発点、亀割大池の駐車場に、27日(木曜)の午前9時40分に到着した。
エンジェルさん達の大垣組も、手前のキャンプ場に迷いこんだものの、時間通りに到着した。
久しぶりに参加の方もいて、今回は4名。
今朝は氷点下の寒さだったので、久しぶりにダウンのパーカーを着こんできた。

110127-yasoyama-00-2.jpg


ザックやストックの用意をして、駐車場の奥の林道の入り口から10時15分に出発。
林道の日陰には、まだ少し雪が残っていたし、林道の水たまりは凍っていた。

110127-yasoyama-02.jpg


林道を15分ほど歩くと、林道脇の山道のピークに、「山の神」の碑が立っていた。
山の神は文字通り、山を守り、支配する神「山神」のことなのでしょう。
山の神は、女性神として信仰されることが多く、恐ろしいものの代表的存在であったことから、中世以降、口やかましい妻の呼称として「山の神」と言われるようになったという。まあ真偽のほどは不明だけれど、なにか説得力はありますよね。

110127-yasoyama-03-yamanokami.jpg


山の神から北に100メートルほどで、左手の八曽山方向に向かう、山道に出会う。
感じでここを行けば八曽山だと、行ってみることにした。
道はジクザグに斜面を下って行く。
15分ほど下ると、沢に出会い、なんとなく見覚えのある橋があった。
2006年には、ここを八曽山から降りてきて渡った覚えがあって、この道で良かったのだと思う。

110127-yasoyama-04.jpg


ここからは登りになり、やがて、羊歯の群生する檜林を通る。
ここではっきり2006年にもここの風景を写真に撮ったことを思い出した。

110127-yasoyama-05.jpg


これが2006年の写真で、時期は春の6月なので羊歯の緑色が明るく鮮やかだった。

110127-yasoyama-05-2.jpg


山の斜面をグルリと回るように登ると、やがて幾つもの石垣に出会った。
山の中に時折、こうした石垣が見られ、田や畑も石垣で整地する場合も多いけれど、これはそれらと違い、組み方が緻密で、建物の基礎になる平らな場所を確保したと思われる。

110127-yasoyama-06.jpg



小さな石碑やお地蔵さんの置かれた斜面を登り、人手をかけて作られた様子の小さな池を過ぎて、ようやく八曽の山頂に到着した。
ここには三等三角点もある。
出発してからほぼ一時間弱で到着した。
この山頂の石垣に建てられてあった建物は、神社なのか山城なのか、調べてみたが、その歴史的な資料は見つからなかった。

110127-yasoyama-07.jpg


山頂からはなかなか展望も良く、北側や東側が良く見えた。
北東の方向に雪の山が見えたが、頂は雲に隠れて見えなかったが、きっと御嶽山なのだろう。
北の手前に白く見える広場が「展望台」と呼ばれ(赤い矢印)、今日のランチはここでする予定である。
一端谷に下りて、「八曽滝」を見て、また登り返すとこの展望台に着く。

110127-yasoyama-09.jpg


山頂で15分の休憩で、周囲の景観を楽しみ、最後に記念写真を撮って、次の目的地「八曽滝」に向かう。

110127-yasoyama-08.jpg


最初は明るい尾根を下り、暫くして急な斜面をジクザクの道で下る。

110127-yasoyama-10.jpg


斜面を下ると、谷から滝の音が聞こえ、木の間から滝がチラチラと見えた。
八曽山からは15分弱の道のりだった。

110127-yasoyama-11.jpg


「八曽滝」は水量も少なく、周囲も枯れていて、前回2006年の時とは滝の様子が違うので驚いた。

110127-yasoyama-12.jpg


2006年の時は6月でやはり周囲が春の緑で、水量も多く、二つ比べると別の滝のように見える。
帰って、一緒だったエンジェルさん達にもこの写真を送ってあげた。

110127-yasoyama-12-2.jpg


滝にさよならをして、谷筋を少し歩き、橋を渡り、展望台に向かう林道に向かって登る道に出会う。
(写真は道を登りかけて橋を見降ろしたもの。右奥に滝がある。)

110127-yasoyama-13.jpg


長い階段の上りが続くので、「もうすぐランチですよっ!」と皆を元気付ける。

110127-yasoyama-14.jpg


やがて明るい林道に出ると、最初に登った八曽山がくっきりと見えた。
「今日の山のリポートの表紙の写真はこれだね」と話し会った。

110127-yasoyama-15.jpg


12時20分に見晴らし台に到着、出発してほぼ二時間の行程だった。
ここは平らな、砂地の広場で、脇に東屋があり、ヘリコプターの発着場でもある。
ヘリの発着訓練などもやっているようで、今朝も出発時間には、ここでヘリが飛んでいるのが見えた。

110127-yasoyama-17-2.jpg


いよいよランチタイム。
上の東屋は風が少しあったので、展望台下の林道の脇で風の無い陽だまりを選んで座った。

110127-yasoyama-16.jpg


私の今日のメニューはビーフシチューで、昨年暮れに15キロも作った時に、取り分けてビン詰めで保存してあったもの。
昨晩、味見ついでにまた煮込んだので、野菜も肉も溶けかかって、ソースが濃厚になっていた。
これをフランスパンで食べると美味しいので、パンを用意して貰ってあった。
カマンベールチーズを挟んだフランスパンが美味しかった。

110127-yasoyama-17.jpg


ランチは他に、細巻き寿司、トマト、アップルパイ、和菓子に洋菓子と続き、最後は贅沢にもパーコレーターで入れたコーヒー。
これで皆さん満腹、約1時間を越える大満足なランチでした。御馳走様!!!

110127-yasoyama-18.jpg


1時30分に展望台から岩見山に向けて出発。
林道から岩見山への山道に入る。

110127-yasoyama-19.jpg


低い快適な尾根道を歩いて岩見山に向かうけれど、この案内板を見ながら直進してしまった。
この案内板は三差路に立っていた。上の案内板には岩見山ともみの木駐車場の二つの場所と右を差す赤い矢印。
下の案内板は我々が歩いて来た林道へ。
つまり三差路に二つの案内板で、直進方向への案内が無いのである。
ここで私には、もみの木駐車場は我々の出発して来た駐車場とは正反対の場所なので、そこに向かってはいけないという先入観があって、右は×で行ってはいけない方角で、左の大きな文字の岩見山が直進の方向と思ってしまったのである。
一緒に横で話していたエンジェルさんも私に釣られて同じように思ってしまったらしい。そして暫く歩き、岩見山800メートルという案内板が、私達の来た方向を指しているのを見て、道を間違えたことに気が付いたのである。
これは先入観と思い込みによる道間違いの典型的な例だと思う。
エンジェルさん達に申し訳ないと、来た道を戻り、先ほどの案内板で正しい道に入った。間違った距離は2,3百メートルだったので、そう酷いミステークにならずに済んだのが不幸中の幸い。案内役としては大いに反省することになった。

110127-yasoyama-20.jpg


岩見山への、たかだか50メートルの標高差を登る坂道が、満腹の足にはとてもきつい坂で、元気なエンジェルさん達に置いて行かれてしまいました。
岩見山の展望台かなは、深い谷を挟んで、そそり立った岩肌の山が見えたので、これが岩見山の名前の云われかと思った。

110127-yasoyama-22.jpg


もう一度軽いアップダウンで、もう一つの岩肌の山頂に着く。

110127-yasoyama-23-2.jpg


ここはもっと見晴らしが良く、西方向の展望が開けていた。
白く光るのは入鹿池

110127-yasoyama-23.jpg


ここからピストンで道を間違えた尾根道に戻り、途中から沢に下る道で、巌頭洞方向で駐車場下のキャンプ場に向かう。

110127-yasoyama-24.jpg


沢沿いの道には、昨年7月の豪雨によって、倒木で壊された橋が三つもあった。
浅い谷川なので、置き石で渡れたけれど、深い場所なら渡るのが大変な場所になって、こんなトラブルにも運、不運があると思う。

110127-yasoyama-25.jpg


ようやくキャンプ場の敷地に出ると、日陰にまだ雪が残っていた。
キャンプ場のショップを覗き、トイレを拝借して、亀割大池の駐車場に戻った。
午前10時から午後3時まで、ほぼ5時間の低山散策で、意外に変化に飛んだ、楽しい散策路でした。
エンジェルの皆さん、ありがとう&御馳走様&お疲れ様でした。

110127-yasoyama-27.jpg


マップ
(赤い線が今回のコースです。概略のため精度は高くありません)

110127-yasoyama-map.jpg



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Jさん、和たん
先日はお疲れ様でした。
天気もよかったし、楽しかったですね。
和たん2月17日希望だったら、jさんに申告しておくといいかもしれませんよ。
次の料理をお楽しみにネ。

BOGGY | URL | 2011-02-02(Wed)17:35 [編集]


こんばんは
先日はありがとうございました。m(__)m

低山には思えない素晴らしい展望で大満足
また行ってみたい山域ですね。

美味しいシチューもご馳走様でした。m(__)m

J | URL | 2011-01-30(Sun)21:16 [編集]


先日はビーフシチューご馳走さまでした。
あっという間に、胃袋に入ってしまいました。
実を言うとお変わり欲しかったです。
とっても、美味しかったです。

さて、画像ジオンさん経由でいただきました。
ありがとうございました。
2月24日でなく、17日になるといいんですがねえ。また。ありがとうございました。

和たん | URL | 2011-01-30(Sun)15:44 [編集]