BOGGYのイタリア料理と山と野草

イタリアファンのBOGGYが作って食べるイタメシのプログです。 登山、ピクニックのアウトドア・イタリアンはいかがでしょう。 革工芸も始めました。

秋の低山歩きと山のランチ

101007-nagara01.jpg


10月BOGGY会が久しぶりに開催された。
場所はBOGGY会のランチ会をする定番の場所、長良川展望台コース。
ここは松尾池から、古津に至る3キロ少しの東海自然歩道になっていて、歩く人も多い。
昨日はこのランチ会のデザート、栗のセミフレッドを作ったし、朝はメイン料理の茸のクリームソースを作った。



今ブログで茸の料理シリーズをやっているので、この料理もその一つで、これまでも何度か紹介して来たのだけれど、茸シリーズとして再編したいと思ってまたこの料理にしてみた。
レシピをブログで作るので、料理の写真を撮りながら進めるのでちょっと調理のリズムが狂いそう。
昨日作って凍らせたデザートと、出来たてのソースをパックして、ザックにいれて準備OK。
10時30分に待ち合わせの、出発点の松尾池に到着すると、今日の参加メンバーの3名は既に到着していた。
昨日、急用で一人がキャンセルになって残念です。
今日はメンバーのお友達が一人参加と聞いていたので、始めましてと挨拶すると、もう二度ほどお目にかかっていますと言われて、これは失礼いたしました。

天気は快晴で、日差しも強く、山歩きにはいいのだけれど、ランチの展望台はカンカン照りでちよっと暑すぎてダメかも・・・と思いながらスタート。
松尾池から百々ヶ峰への遊歩道を少し歩き、すぐ東海自然歩道の長良川展望台への道に右折する。

101007-start.jpg


登り初めて初めて出会ったのが、ミヤマママコナ。
今日はメンバーの一人に私と同じカメラをネットで購入してあげたので、この使い方を練習したいということで、早速撮影の練習を始めます。
こうした小さい花の撮影はコツと粘りが必要ですね。
今日出会った花は、後で一覧で紹介します。
101007-miyammamakona.jpg


林から抜けて、尾根への道になると、日差しが強くなって、「暑いねー」と口に出る。
久しぶりなので皆さんの近況の話などしなから登ると、ようやく涼しい、日陰の快適な尾根道に出た。
目的の展望台には40分ほどで到着。
眺めはいいのだけれど、ベンチはやはりカンカン照り、ここでは到底ランチは無理と、展望台からの風景を眺めてから、涼しい尾根道にランチの場所を探しに戻った。
101007-nagaratenbou.jpg


暫く戻ると、やや広くて調理の場所にもなりそうな所が見つかり、ここでランチをすることにした。
シートを広げて、座る場所や調理の道具を設置した。
日陰で小さな虫が飛んでいるので持参の蚊取り線香を焚いたら虫が気にならなくなった。
101007-kinoko03-2.jpg

ひんやり涼しい風も通るので、ここなら落ち着いてランチが出来そうですね。
101007-nagara03.jpg


冷たいペリエでまず乾杯。
メインの料理で出来るまでのつなぎにと、メンバーさん手作りのきれいな色のカボチャのプリンが出されました。
冷たいナシ、色々なパンなども並べられました。
みなさんお腹が空いていたのか、あっと言う間に胃袋に収まりました。
101007-kabochanoprin.jpg


ようやくガスバーナーの場所も確保できたので、メインの調理を始めます。
今日は、ファルファーレというパスタなのだけれど、このパスタの名前をなぜかどうしても覚えられなくて、リボンのパスタと呼ぶようななった。
形はリボンのような可愛い形なので、みんなもきっと覚え安いでしょう。
これをまず水に入れて茹で始めます。
101007-kinoko01.jpg

茹で上がる頃に、家で今朝作った茸のクリームソースを、ザックから取り出します。
保温材でパックしたので、まだ温かいままです。
101007-kinoko01-2.jpg


リボンが茹で上がったので、お湯を捨てて、茸のソースを鍋のリボンと温めながら、混ぜ合わせます。
これでとろりとしたクリームソースがリボンのパスタにからまれば出来上がりです。
めいめいのお皿に盛ります。
折角持って来たパルミジャーノのチーズをここで振りかけるのをすっかり忘れていました。
101007-kinoko03.jpg

それでも茸たっぷりのクリーミィなソースにはみなさん堪能してくれたようで、5人前の分量もほぼ完食状態。
ただし次のデザートが楽しみと、そこそこお腹を空けておこうと考えた方はお代わりはなし・・・。(笑)

暫く美味しいパスタの余韻を楽しんで貰ってから、コーヒーの準備でお湯を沸かします。
昨日作って、冷凍庫で凍らせた栗のセミフレッドをザックから取り出すと、ちょうど少し熔けかかっていて、
少なめに入れた保冷剤がバッチリ合っていました。
まな板に載せると、メンバーさんから歓声です。
みなさん私が切り分けるのをじっと見ているので、多い、少ないでもモメルことのないように、厳密に四等分して(笑)、カラメルを上にかけて、サアどうぞ。
銀座の高級イタリアンで出されるデザートが山の上で食べられるのだからこれは贅沢な楽しみですよね。
甘さを抑えて、栗の香りと、中に混ぜてある栗の粒で栗の食感を味わえます。
アクセントのココアの香りも効果的です。
皆さんとても堪能されたようでした。
101007-semifread01.jpg


みなさん満腹、満足のランチでしたが、気が付くと一時間半も時間が経っていました。
これからは降りのコースで、ドンクリを拾いながら古津への遊歩道を歩きます。
降りる途中で、展望の良い場所でもう一度長良川の景色を楽しみ、記念写真も一枚。
101007-nagara04.jpg

途中から古津へのコースを外して林道に出て、松尾池に戻ります。
林道に出ると、道の横にギボウシの花を見つけました。
このコースには余り花はないと思っていたので、花が見つかると嬉しいですね。
これからは、林道の左右に野草を探しながら、メンバーさんの写真撮影講習会をすることにしました。
ここからは道で見つけた野草を紹介します。

101007-iwagiboushi01.jpg
イワギボウシ


101007-hotsutsuji01.jpg
ホツツジ


101007-gonzui.jpg
ゴンズイ


101007-hiyodorijyougo01.jpg
ヒヨドリジョウゴ



101007-arechihanagasa.jpg
アレチハナガサ


101007-yamahagi.jpg
ヤマハギ



101007-kusagi.jpg
クサギ


101007-tade.jpg
タデ


101007-ooinutade.jpg
オオイヌタデ


101007-nokongiku.jpg
ノコンギク


101007-kitsunenomago.jpg
キツネノマゴ


101007-kinmizuhiki.jpg
キンミズヒキ


101007-xxx.jpg
これは名前が分りません


101007-senburi.jpg
ゲンノショウコ


林道終点から、松尾池への遊歩道に出て、二番目の写真を来た方向と反対の左方向に登ってゆくと、岩舟渓谷の上に出ます。
初参加のメンバーさんが、岩舟渓谷は始めてだったので、ご案内です。
渓谷のベンチで、持ち寄りの冷たいデザートを頂いて、滝を見ながら岩舟渓谷を下って待つ御池に戻りました。
101007-kaeri02.jpg
岩舟渓谷です

ほぼ5時間のゆったり散策でした。
参加のみなさんお疲れ様でした。
次月のBOGGY会は紅葉の山ランチの予定です。


今回歩いたコースの概要です。
赤線の松尾池-古津のコースから、緑線の林道に出る道(A点)と、林道の終点から松尾池の赤線のコースに戻る道(B点)は正規のコースではなく、細い道で案内もないので注意が必要です。
101007-root.jpg



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

7日はありがとうございました

暑かったけれど、美味しいランチと、デザートで
皆さん満足のBoggy会でしたね

写真の講習もありがとうございました。m(_ _)m
今日レポアップしますが、、
花の写真お借りします。(^_^;) m(_ _)m

花の写真は全部、保存しました。(^^)v
やはり」師匠にはかなわない、、。

来月もよろしくお願いします。m(_ _)m

ジオン | URL | 2010-10-09(Sat)13:26 [編集]