BOGGYのイタリア料理と山と野草

イタリアファンのBOGGYが作って食べるイタメシのプログです。 登山、ピクニックのアウトドア・イタリアンはいかがでしょう。 革工芸も始めました。

ピザ風椎茸のステーキ

091029-piza-shiitake01.jpg

岐阜県本巣市にある旬の山菜や野菜を売る直販のお店に久しぶりで寄って見ると、採りたての大きな椎茸が置いてあった。
直径が10センチを超えていて、肉厚で、しっとりと瑞々しい。
何時もこの椎茸をバターと醤油で焼いてステーキにして食べるのが好きなので、早速買って帰えることにした。
道々この椎茸をこれまでと違う食べ方はないかと考えていて、ちょっと見た目にも椎茸には見えない面白いアイデアが浮かんだので、実際に作って見ることにした。


091029-piza-shiitake02.jpg


まず椎茸の石づきを切り取ります。


091029-piza-shiitake03.jpg

バターを椎茸の上に散らします。


091029-piza-shiitake04.jpg

作り置きをして瓶詰めになっているピザーソースを載せます。
(このピザソースは、セロリ、タマネギ、ナス、ニンジン、パプリカ、ズッキーニなどの具を小さめにして作ったカポナータです)


091029-piza-shiitake04.jpg

モッツァレラ・チーズを載せ、粉のパルミジャーノ・チーズを振り掛けます。
オーブンを210度で予熱しておよそ15分を目安にして焼きます。


091029-piza-shiitake06.jpg

バターが椎茸を通って染み出しているので、椎茸にバターとカポナータの味が沁み込んでいることがわかります。
上のチーズがコンガリと焦げ目が付いたら焼き上がりです。


091029-piza-shiitake01.jpg

めいめいのお皿に一つずつ載せてサービスします。
ナイフとフォークが必要です。


091029-piza-shiitake07.jpg

肉厚な椎茸の食感はステーキと呼ぶのに相応しく適度の弾力と滑らかな感触で、味も沁みていて、これは癖になりそうな料理になりました。
フルコースの前菜としても、あるいは肉料理の代わりとしてメイン料理のどっちでも使えそうです。
また一つオリジナルの料理が増えました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

本当に美味しそうです。
カミさんの実家で栽培しているので、
今度さっそく作ってみます。
いつもは、肉厚の椎茸をフライにして食べています。

りょーま | URL | 2010-02-02(Tue)23:04 [編集]


ピザ風椎茸のステーキ
素晴らしいお料理 美味しそうです

ryuji_s1 | URL | 2009-11-06(Fri)14:33 [編集]