BOGGYのイタリア料理と山と野草

イタリアファンのBOGGYが作って食べるイタメシのプログです。 登山、ピクニックのアウトドア・イタリアンはいかがでしょう。 革工芸も始めました。

茸のスパゲッティ

茸のスパ

長いこと更新をさぼってしまったので久しぶりのレポートになりました。


今日は、ブナシメジとマイタケが半端に残っていたので、茸のスパを作った。
パスタを塩を入れない沸騰した茹で鍋に入れて、茹でながら茸のソースを作る。
フライパンにオリーブオイルをたらし、薄くスライスしたニンニクを炒める。
ニンニクは焦がすと苦くなるので、フライパンが熱くなったら火を止めるか弱火で色が付くまで炒めて、小皿に取り出しておくとパリパリになる。
フライパンに再び火を入れて、シメジとマイタケを放り込んで炒め始め、少ししんなりし初めたら細切りにしたパプリカを加える。
お湯に溶いたブイヨンと白ワインを適当に入れて、アルコールを飛ばしながら塩と胡椒で味を調え、ソースをよく混ぜて、オリーブオイルと水分を乳化させる。
乳化が不十分だと食べる時にオイルと水分が分離して食感が悪くなる。
乳化した茸のソースのフライパンに、まだ芯の残っているスパゲッテイを茹で鍋から移して、髪の毛ほどの芯が残るアルデンテになるまで、フライパンのソースを吸わせます。
暖めておいた皿に盛り、炒めたニンニク片とパセリを散らして出来上がり。
スパゲッテイを茹でる時間6分の間に茸のソースを手早く作ります。


090425-kinoko.jpg


これは別の日に作った茸のスパゲッティです。
使った茸は舞茸、ブナシメジ、白いブナシメジ、椎茸と赤いパプリカ。
パプリカの赤い色がポイントになってカラフルな見栄えになりました。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

茸のスパゲッティ
美味しそう 素敵なパスタ料理
嬉しいですね

ryuji_s1 | URL | 2009-04-08(Wed)10:12 [編集]