BOGGYのイタリア料理と山と野草

イタリアファンのBOGGYが作って食べるイタメシのプログです。 登山、ピクニックのアウトドア・イタリアンはいかがでしょう。 革工芸も始めました。

冷やしカッペリーニ

冷たいパスタ


 梅雨に入ればもう夏は目の前。私は暑さに弱く、夏より冬の方が好きなので、ジリジリと肌を焦がす日照りと蒸し暑さの十字砲火で、夏の食欲は他の季節の半分になってしまう。


普段の私の昼食はほぼ麺類と決めているので、シーズンを通して、蕎麦、うどん、ラーメン、パスタの麺類を順繰りに食べる。
私は夏はやはり冷たい麺類が好きなので、ザル蕎麦や、既に開発済みの「冷たいニシン蕎麦」、冷や麦、ソーメン、冷やしうどん、冷やし中華、そして冷たいカポナータを使ったパスタなどが昼のメニューになる。
昨年の夏に、もう一つ冷たいパスタのメニューが欲しくなったので、何か作ろうと考えて、アイデアが一つ浮かんだ。
好きで良く作っている冷やし中華に見た目はソックリな冷たいパスタを作ってみようと思ったのだ。
トッピングの種類は、きちんとイタリアンで使う材料を選び、ソースもイタリアン風のものを考えることにした。
結局、冷やし中華と共通するトッピングの材料は、トマト、キュウリ、金錦卵だけ、ソースでも和カラシの一つだけ。
イタリア人は冷やし中華など食べないので、こんな料理はイタリアには無いし全くの和製イタリアンですね。私のオリジナル料理がまた一つ増えたということです。

 トッピングの材料をリストすると、キュウリ、金錦卵、トマト、セロリ、生のモッッアレラチーズ、生ハム、黄色や赤のパプリカを焼いて皮を剥いたものの7種の具になりました。
さて、肝心のこれに使うパスタは、冷たいカポナータで使うバーミセリ(1.4ミリ)よりももっと細い、カッペリーニ(0.9ミリ)を使うことにする。
カッペリーニは天使の髪の毛とも呼ばれる極細のパスタで、ほんの二分ほどで茹で上がり、見た目は黄色の素麺。
これを真半分に折ってお箸でも食べやすい長さにして、茹でてから最後に冷たい氷水で冷やします。
これを皿に盛り、トッピングを写真のように散らして、生ハムを一番上に飾って出来上がりです。
さて、これにかけるソースは、冷やし中華のソースをそのままでもイケルのだけれど、やはりこれではあまりに芸が無い。
これまでサラダのドレッシングとして使っていた、マヨネーズとマスタードとレモン汁が中心のものが、かなり評判が良かったし、冷やし中華のソースに似ているので、これを工夫してみた。
まずチキンのブイヨンを一個、半カップのお湯で溶かして冷やす。
これを基準に、マヨネーズを半カップ、マスタード大さじ2杯、練り和ガラシを大さじ山盛り、EXオリーブオイルを大さじ1杯、絞ったレモン汁(一個分)、これに塩をお好みで入れて、良く混ぜ合わせて出来あがり。
これをたっぷり上からかけて、マスタード風味で、ちょっぴり辛みと酸味のソースで野菜サラダを食べる感覚の、冷たいパスタの完成です。
これを黙って食卓に載せると、全員「冷やし中華」と錯覚するほど見た目はソックリ。
でもこれを食べると中華ではなくてやはりイタリアン。
これまで周囲の人達に食べてもらった結果では大好評でした。
簡単に作れるので、夏バテには栄養満点の健康食ですから、皆さんもぜひトライしてみてください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お花もお好きでおだんごもお好きなひなのさん、お近くた゜ったら、いつでもご馳走できるのに残念ですね。

BOGGY | URL | 2012-08-06(Mon)15:37 [編集]


これまた猛暑の食欲のないときに抜群ですね!
オリジナルレシピ素晴らしいです。
作って欲しいなあ~

ひなのきんちゃく | URL | 2012-08-06(Mon)10:37 [編集]