BOGGYのイタリア料理と山と野草

イタリアファンのBOGGYが作って食べるイタメシのプログです。 登山、ピクニックのアウトドア・イタリアンはいかがでしょう。 革工芸も始めました。

御在所岳スノーハイク(2月BOGGY会/2013-02-21)

御在所スノーハイク-tytol
画像クリックで拡大


2月のBOGGY会は、私がスノーハイクをしたい、樹氷を見たいという希望を受けて、メンバーのJさんが、鈴鹿の御在所岳の企画を立ててくれた。
ロープウエイで山頂に上がり、山頂の遊歩道の雪を楽しむということなった。


鈴鹿の御在所岳(1212m)は、私の登山記録によると、登山を始めて二年目の2006年の夏、第38番目の山になっていた。
山のベテランに誘われて御在所岳の本谷を攻略するけれど、谷は荒れていて本来のコースを逸脱し、途中からは谷の右の監視路を登ったと記録に書かれてあった。
霧の中で直立する鉄梯子を登ってロープウエイの鉄塔に出た記憶があって、もし霧がなければ、怖くて竦んだと、今でも思う。
こんな思い出から7年目の御在所岳だ。

6時に起床して7時に家を出て、8時には集合場所に到着した。
今日のメンバーは4人。皆到着が早く、私の四駆に纏まって出発した。
養老から、上石津に向かう道の先の山にはうっすらと雪があって、これなら御在所にも雪は降ったかもしれないと思った。

御在所スノーハイク-00


国道の365号線に入ると、道は雪で、所によっては凍っていて、久しぶりの雪道で緊張した。
両方の車線に車のない道で、ブレーキの効き具合などをテストしたりして、長いドライブになった。
9時45分ロープウエイ乗場に到着した。
駐車場に車を入れると、係のおじさんが、今ロープウエイは修理のために止まっていて、10時30分に復旧の予定だと言う。
一日動かないというわけではないので、仕方なく待つことにして、開通したら連絡してくれるという近くのホテルのロビーでお茶をしながら連絡待った。
ホテルの人が、「ロープウエイが動きます。」と教えに来てくれて、車に戻り、身支度をしてロープウエイに乗った。

御在所スノーハイク-02


揺れるロープウエイで、心まで揺られてワクワクして来た。

御在所スノーハイク-01


上に上がるにつれて、雪が舞ってきた。
空は暗く曇っているので、山頂はまだ雪が降ってるかもしれないねと話し合った。
昔登った本谷が白くみえた。

御在所スノーハイク-03


右手には中道のコルも見えて、人が歩いているのも見えた。

御在所スノーハイク-04


山頂に近づくと、周囲の木は見事な樹氷になっているので嬉しくなった。

御在所スノーハイク-06b
画像クリックで拡大


上の駅に到着して、出口近くのベンチでスノーシューを履く。
久しぶりで、装着の仕方を忘れ掛かっていて、手間取った。
すぐに手指がかじかんで来るほどで、やはり標高千メートルを超す山頂は寒い。

御在所スノーハイク-07


11時過ぎに、いよいよ駅の建物から出て、ハイクに出発。

御在所スノーハイク-08


出た所でとりあえず一枚。

御在所スノーハイク-09


200メートルも歩くと、分岐に出た。
ここから左の氷ばくースキー場に向かう。

御在所スノーハイク-10


道は風も強いし、吹雪くので目が開けられない。
ゴーグルを忘れて来たので、サングラスを掛けてみると、これでOKだった。

御在所スノーハイク-11


スキー場を右手に緩い坂を下ると、氷ばくが見えてきた。

御在所スノーハイク-12


氷ばくって、展望台の櫓に無理やり水をかけて作った、人口の瀑布のようだ。
この時は結構雪が降っていた。

御在所スノーハイク-13


長い回廊のように、御在所の山頂を巻く遊歩道を歩く。
この時は結構雪が降っていた。
サクサクの雪の上をスノーシューで歩く希望が叶って、気分も上々だ。

御在所スノーハイク-14


道の途中に、加藤冠峰という詩人の歌碑があったけれど、高校時代には古文・漢文が苦手な授業だったので、この漢詩もちゃんと読めません。

御在所スノーハイク-15


二つ目の分岐に至る。
左の長者池と御嶽大権現に向かい、またここに戻って、右上の御在所頂上に登るコースになった。

御在所スノーハイク-16


あの山頂の建物が御嶽大権現と聞いて、案内されている三人は「エー!!あんなとこまで行くのー!」と一瞬尻込みするものの、まあ行ってみましょうということになった。

御在所スノーハイク-33


遊歩道から、長者池のある谷道を下る。
前方には御嶽大権現が見える。

御在所スノーハイク-17


樹氷の林の道は、清々しく、スノーシュウでサクサクと雪を蹴って歩くのは気分が良い。心の中まで雪の白さに洗われるようだ。

御在所スノーハイク-18


五分ほど下ると長者池に到着。池は雪を被って見えない。
池の傍らの祠にちょっと手を合わせる。

御在所スノーハイク-19


樹氷が見事だ。樹氷は風上に向かって成長するので、ここは右からの風と分かる。

御在所スノーハイク-20b
画像クリックで拡大


樹氷は霧氷の一種で、高山などで、セ氏零度以下に過冷却した霧や雲の粒が岩石・樹木などに吹きつけられて着氷したものだという。
成長するとエビの尾状になる。
これは2007年に登った伊吹山の頂上の樹氷の写真で、遠くに見える白山方向からの強い北風が、頂上の岩石に見事な樹氷を作り、本当に海老の尻尾のような形になっていた。

御在所スノーハイク-38-ibuki2007012
画像クリックで拡大


谷を登って、御嶽大権現の尾根に出て、風に向かって歩く。

御在所スノーハイク-21


11時40分に御嶽大権現に到着。
ここでランチの予定だったらしいのだけれど、雪は降ってるし、風も強いので、ここでは無理と、さっきの長者池に戻ってランチにしたらと提案。
あそこは風がないので、こことは全然違う。

御在所スノーハイク-22


そうそうに吹雪く御嶽大権現に失礼をして、長者池に再び下って、12時丁度にランチにする。
予想どおり、谷底なので、ほとんど風もない。
早速ランチの準備にかかる。

御在所スノーハイク-23


最初に熱いスープが準備された。寒い山には最高。
熱くて美味しいスープでした。

御在所スノーハイク-24


次は海老と赤いパプリカのリゾットの準備にかかる。
リゾットは米から炊きあげる、時間のかかる料理なので、これを山向きに、家で仕込みをして、山では温めるだけの即席のリゾット。
先週の芥見権現と同じメニューにしたのは、このレシピを書きたいので、もう一度作って写真を撮るためだった。

御在所スノーハイク-25


こうしてスープを最初に温め、これに炊きあげてあるライスを入れて温めて出来上がり。時間は10分もかからない。

御在所スノーハイク-26


ランチで体の中から温まって幸せ気分で元気回復。
ここから最後はロープウエイの山頂の駅まで帰る。

御在所スノーハイク-27-1


谷から上がって、御在所山頂の山頂に到着。
ランチの後の登りはちょっとキツかった。

御在所スノーハイク-27-2


山頂は絶好の展望なのだけれど、残念ながら、今日は無理だった。
駅のある朝陽公園だけは見えた。

御在所スノーハイク-30


雪の舞う中での山頂の記念写真。

御在所スノーハイク-29


山頂から来た道の遊歩道に下つて、熱心に景色を眺めるメンバーさん達。

御在所スノーハイク-32


視線の先には、さっき登った御嶽大権現。

御在所スノーハイク-33
画像クリックで拡大



その左手には、樹氷の先に山頂が雲に隠された鎌ヶ岳。

御在所スノーハイク-34
画像クリックで拡大


雪の感触を楽しみながら、来た遊歩道を氷バクに戻る。

御在所スノーハイク-35


朝は吹雪でちゃんと見られなかった樹氷をじっくり鑑賞する。

御在所スノーハイク-37
画像クリックで拡大


御在所スノーハイク-38
画像クリックで拡大


山頂のスキー場は、リフトは動いているので営業中だと思うけれど、誰も滑る人がいない。
平日のせいなのでしょうか。

御在所スノーハイク-39


最初の分岐点に戻って、右に戻らず、案内のJさんは真っ直の道にどんどん進む。

御在所スノーハイク-40


なるほど、ここに素晴らしい樹氷の道がありました。
タイトルの写真もここで撮ったものでした。

御在所スノーハイク-41b
画像クリックで拡大


樹氷の道をぐるりと回って朝陽公園の広場に出た。
ここにも御在所山頂のハート型の飾りの表示があった。

御在所スノーハイク-43



お隣の大きな雪だるまで、最後の記念写真。

御在所スノーハイク-46


13時50分にロープウエイ乗場に帰着。
帰りのロープウエイは周囲が霧で真っ白で何も見えなかった。
駅に降りて、売店の橫のベンチで串団子とコーヒーのデザートを楽しむ。

御在所スノーハイク-48


帰り道は雪もすっかり溶けて楽なドライブになった。
16時前に待ち合わせの場所に戻り、無事に解散。
Jさんの企画のお陰で、雪と樹氷をたっぷり楽しませて頂く、楽しい一日でした。
この時期、下から御在所に登るのは私には到底無理なので、ロープウエイを使ったラクチンスノーハイクもなかなかいいですね。
参加のメンバーさんにも感謝です。
jさんの写真も一部拝借しました。

御在所MAP
本日の散策ルート 画像クリックで拡大


注)コース図の赤線は往路、緑線は復路です。
正規のGPSの軌跡ではなく、おおよその手書きで正確ではないので、ご注意下さい。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

希望がかなった企画をありがとう。
樹氷がとてもきれいでしたね。
来月もよろしくね。

BOGGY | URL | 2013-02-24(Sun)22:33 [編集]


ありがとう

こんばんは
運転ありがとうございました。m(_ _)m

2月も下旬になるので、樹氷を心配してましたが、
このところの冷え込みで見られて、良かったです。

天気だけはままならず、、時折吹雪、寒かったですが
おかげで、、静かな散策が出来ました

また来月もよろしく m(_ _)m
中旬くらいで帰りに、セツブンソウを見ましょう!

ジオン | URL | 2013-02-24(Sun)19:40 [編集]