BOGGYのイタリア料理と山と野草

イタリアファンのBOGGYが作って食べるイタメシのプログです。 登山、ピクニックのアウトドア・イタリアンはいかがでしょう。 革工芸も始めました。

金華山-鷹巣山ミニ縦走(1月BOGGY会/20130124)

金華山-鷹巣山-18-shiro
金華山 岐阜城


 今年最初のBOGGY会は、歩き残した金華山ルートを入れて歩きたい、というメンバーさんのリクエストで、私も久ぶりの金華山になった。
今回のルートは、岩戸公園を起点にして、バスを使って鶯谷トンネル東口まで行き、稲荷神社の参道を登って梅林公園の上の水道山に登る。
ここから金華山ドライブウエイの第二展望台を経由して、ドライブウエイに平行する尾根を歩き、七曲りコースに合流して、岐阜城のある山頂(329m)に。
ここからは東坂コースを下り、妙見峠から対面する鷹巣山(232m)に登り、山頂でランチを取り、下の岩戸公園に下るという金華山-鷹巣山ミニ周回のコースである。
(ページ最後にコース図)



岩戸公園の待ち合わせは8時30分。
ランチの用意は前の晩にしたので、朝はゆっくり起きて、8時15分に家を出た。
今日のパーティは、体調を崩したり、急用が出来た人も居て、3人の参加になり、ちょっと寂しい。
時間通りに集合したので、4人で8時45分のバスに乗って、鶯谷トンネル東口に向かう。
金華山を登るのにはバスを上手に使うと、色々な周回が出来る。

金華山-鷹巣山-2-bus


10分足らずで鶯谷トンネル東口で下車。

金華山-鷹巣山-3-bus



稲荷神社入り口の案内で右に曲がり、予定通り9時丁度に登山スタート。

金華山-鷹巣山-4-inari01


神社の参道には朱色の鳥居が列をなしていて、ここをくぐりながら登って行く。
神社の参道としてはかなり急坂なので、登り始めの筋肉が眠った状態では息切れがして辛い。

金華山-鷹巣山-5-inari02


10分ほどで山上の稲荷神社に到着。
最後の階段を登る。

金華山-鷹巣山-6-inari03


右手に金華山の岐阜城を見ながら水道山の尾根道を歩き、水道山を巻いて金華山ドライブウエイに出る。
一度金華山ドライブウエイを横切り、上の段のドライブウエイに出るとここに第二展望台がある。スタートして30分。

金華山-鷹巣山-7-dai2tenbou


この展望台は見晴らしが良く、岐阜市の中央部が良く見える。
展望台の下、鶯谷トンネルの斜面は、桜とモミジの木が多く。
桜の咲く時期と、紅葉の時期には人気の展望台になるし、この下の遊歩道の散策は毎年楽しみにしている。

金華山-鷹巣山-8-dai2tenbou
鶯谷と市街


展望台からすぐの、尾根道への登り口の目立たない階段を見落とさないようにして、尾根道に入る。

NHKの電波塔の手前に、時の鐘からの登山ルートとの合流点がある。
ほぼドライブウエイと平行する道だけれど、快適な尾根道で人気がある。

金華山-鷹巣山-9-one01


一端尾根道はドライブウエイに下るけれど、それを横切って、反対側の尾根道に登る。
9時50分に二度目のドライブウエイに出る。

金華山-鷹巣山-10-one02


ここから逆戻りぎみに左折してドライブウエイを100メートルほど歩く。
右手には岐阜城が見える。

金華山-鷹巣山-11-driveway0


右手の欄干の90センチほどの隙間が七曲りコースへの下り口になる。
目立たない案内板を見落とさないように。

金華山-鷹巣山-12-driveway0


坂道を下ると5分もしないで、七曲りコースとの合流点に到達する。

金華山-鷹巣山-13-nanamagar


ここからは、ずっと階段を登ることになる。
階段嫌いな人達が、階段脇の斜面に細い登山道を作っていたけれど、今は山肌を荒らすからと、封鎖されて今は短かく分断されて残っている。
私は日曜の城ケ峰縦走から中三日なので、まだ完全に脚の疲れが取れてないのか、この階段がかなり辛い。
登り始めてから一時間になるので、スイーツとコーヒーで小休止にする。

金華山-鷹巣山-14-nanamagar


階段は次第に急になり、途中立ち休みを取りながらようやくロープウエイの乗り場を過ぎて、10時30分に売店の屋上展望台に到着。
ここはとても見晴らしが良く、夏はビアガーデンになって人気がある。
ここで記念写真を一枚。

金華山-鷹巣山-15-tenboudai


稲荷神社から登ってきたルートがよく分かる。

金華山-鷹巣山-16-root


長良川と、両岸の市街地、残念ながら周囲の雪で白い山々は霞んで見えない。

金華山-鷹巣山-17-vew


10時40分に山頂到着。
ここが岐阜城のベストアングル。

金華山-鷹巣山-1-tytol


岐阜城の入り口近くに、古い時計を使った時計台があるのに、始めて気が付いた。

金華山-鷹巣山-19-tokei


山頂の東側に行くと、一昨年、干支にちなんで、兎走山から金華山までの大縦走で歩いたコースが見えた。
この時は本当にハードな縦走だった。

金華山-鷹巣山-20-jyusou


岐阜市-兎走山(172m)~金華山(323m)縦走110220


山頂の広場は登山者とロープウエイ利用者で何時も混んでいる。
山頂付近では、何時ものような車座でランチをする場所もないし、火気厳禁でガスバーナーも使えない。
こんなことで、ランチはお隣の鷹巣山にしたので、これから向かう。
10時55分に東坂コース下り口から下る。

金華山-鷹巣山-21-higashizaka1


このコースには途中に岩場があり、他の金華山登山ルートとは趣が少し違う。

金華山-鷹巣山-22-higashiza2


岐阜城をバックに岩場を降りる。

金華山-鷹巣山-23-higashizaka3


下る岩場の途中で、餌付けに慣れた小鳥が、シジュウカラか、餌をねだるように近くに寄って来る。
ピーナッツを持っていたら手の上に乗ってくれるのに・・・残念でした。

金華山-鷹巣山-24-higashiza


下る正面にこれから登る鷹巣山。

金華山-鷹巣山-25-takanosu


11時20分に妙見峠に到着。

金華山-鷹巣山-26-myogen


ここから対面する鷹巣山に登るのだけれど、ちゃんと登れる体力があるか、ちょっと自信がない。
元気な人達に先に登って貰い、私はゆっくりペースで登ることにした。
ここは金華山の管理外なので、登山道は整備されてなく、自然に踏み跡が出来た道。
10分ほどで、なんとか鷹巣山の岩の尾根に上がった。
途中の登りでは写真を撮る余裕がなかった。

金華山-鷹巣山-27-tkanosu-o


11時30分 鷹巣山の山頂手前の風の当たらない岩棚でランチにする。
シートを広げ、ガスバーナーや鍋を出し、ランチの準備にかかる。

金華山-鷹巣山-28-lanchi01


メンバーさんが、今日りメニューは何かと聞きたがっていたので、「今日のメニューはタン・シチューですぅ」と言うと、メンバーさん達「ウワァ凄い!」と大喜び。
今年の料理事始めで、新婚さんの若夫婦のディナーで作ったタン・シチューを、瓶詰めにしてストックして置いたもの。
これに、新しくニンジンとジャガイモを追加した。

金華山-鷹巣山-29-lanchi02

見栄えは違うけれど、味はこのタン・シチューと同じで、このシチューのソースの種は、暮れの60人前のビーフ・シチューで、ビーフと野菜のエキスがたっぷりなので、マズイ訳がない。
小半時、楽しいランチで会話も弾みました。

金華山-鷹巣山-30-lanchi03


12時40分にランチをお開きにして鷹巣山の頂上に。
ここからは岐阜城が良く見える。

金華山-鷹巣山-31-takanosu1


金華山と岐阜城をバックに二枚目の記念写真。

金華山-鷹巣山-32-takanosu2


眼下には、スタート地点の岩戸公園が見え、駐車した車まで見える。
切り立った崖の上からなので、かなりの高度感がある。

金華山-鷹巣山-31-takanosu2


ちょっと時間に余裕があったので、直接岩戸の峠に降りずに、鷹巣山の東尾根を下って、岩戸の峠に登り返すコースを使ってみた。
メンバーさん達には始めてりルートだ。

金華山-鷹巣山-34-takanosu-one01


振り返ると、右手には金華山、左手は鷹巣山が見えた。

金華山-鷹巣山-35-takanosu-


東の尾根を下り、ぐるりと鷹巣山の中腹をトラバースする道を歩き、13時20分に岩戸の峠に登り返した。
このトラバースのルートはあまり人に知られておらず、この道で人に出会ったことはこれまで一度もない。

峠の写真は峠を振り返って撮ったので、左手が鷹巣山へ、右手は洞山から白山神社の裏の権現山への縦走ルートになる。

金華山-鷹巣山-36-takanosu-


峠にはトンネルが出来る前の岩戸から日野に行く生活道路があって、荷車も通れる広い道がある。
眼前に鷹巣山の絶壁が見える。
以前はここを登る人達もいたらしく、岸壁下への道もあったけれど、岩がもろくて危険で、今は登る人はいなくなったようだ。

金華山-鷹巣山-37-takanosu1


13時40分に岩戸公園の駐車場に無事帰着。
山頂から左手の一段低く見えるピークがランチをした場所だ。
行動時間は5時間。私の歩数計は1万5千歩。

金華山-鷹巣山-38-takanosu2


日曜の城ケ峰縦走は2万歩だったので、5千歩少ないけれど、昨年暮れの南宮山ミニ縦走と同じ歩数で、高度差も同じ程度で、あれほどバテバテだったのに比べれば、中三日で疲れが残っていた割には良く歩けたので、トレーニングの効果を再確認できたと思う。
お付き合い頂いたメンバーの皆さんありがとう&お疲れ様でした。
来月のBOGGY会は、鈴鹿、雪の御在所岳になるとか・・・・楽しみです。
天気が良いといいですね。

金華山-鷹巣山-1
今日のコース図

注)コース図の赤線は正規のGPSの軌跡ではなく、おおよその手書きで正確ではないので、ご注意下さい。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ジオンさん今日は。
24日はお疲れ様でした。
御在所岳の雪ハイキング拝見しました。
楽しそうだったので、是非来月お願いしますね。

BOGGY | URL | 2013-01-29(Tue)11:00 [編集]


ありがとうご

こんばんは
金華山西部はずっと縦走してみたいと思ってました
金華山は庭のようなBoggyさんに案内してもらって
良かったです
ありがとう。
梅か桜の時期に、テントサイト企画で出来たらと、思ってます

ジオン | URL | 2013-01-28(Mon)21:34 [編集]