BOGGYのイタリア料理と山と野草

イタリアファンのBOGGYが作って食べるイタメシのプログです。 登山、ピクニックのアウトドア・イタリアンはいかがでしょう。 革工芸も始めました。

マネキグサに招かれて(20121007)

000-manekigusa-tytol.jpg
マネキグサ 画面クリックで拡大


 私の野草の師匠のOちゃんから、神崎川のマネキグサを見に行きましょうとのお誘いがあったので、私はまだ見たことがない花なので二つ返事で行く事にした。
野草を好きになってから、かなりの年月が過ぎたのに、秋の時期の野草観察はあまり熱心にしたことがなくて、まだ見たり写真に撮ったりした野草は少ないので良いチャンスだ。



 9時に待ち合わせの場所に到着。
今日の場所は近いし、林道に入るので私の四駆に乗り換えて貰い、山県市の神崎川に向かう。
神崎川には岐阜の花の名山、舟伏山があって、イワザクラが咲く時期には遠方からの登山客も訪れて賑わう。
これから紅葉の時期になると、再びこの山は登山客が増える。
私も毎年、春と秋の二回はこの山に登っていた。
舟伏山の登山口を過ぎて、神崎川を登って行くと、私の山仲間のMさんの実家がある。
通り過ぎようとすると、なんとMさんが居た。
車を止めて挨拶をすると、山から引いて来る水道のメンテに来たとか、今年はクマガイソウの観察でとてもお世話になった。
ほどなく目当てのマネキグサのある場所に近づくので、車を道の脇の空き地に停めて、10時過ぎに歩き始めた。
こんな渓流の脇の林道を歩く。

keiryu01.jpg


ここからはアルバム形式で、概ね見つけた野草の順番に紹介します。
全ての野草は画面をクリックすると、800ピクセルの拡大画像でご覧になれます。

101-akichyouji.jpg
アキチョウジ


102-otokoeshi.jpg
オトコエシ


103-kusabotan.jpg
クサボタン



104-tsurifunesou.jpg
ツリフネソウ



105-azumarejinsou.jpg
アズマレイジンソウ


106-azumarejinsou.jpg
アズマレイジンソウ2


107-siginkaramatsu.jpg
シギンカラマツ


Oちゃんにマネキグサってどんな花?と質問して、その説明を聞きながら歩く。
説明を聞きながら、道の脇の草の茂みの中に小さい赤い色の花を見つけたので、Oちゃんに、これな~にと指さして聞くと・・・・これがマネキグサだった。
Oちゃんは、私にマネキグサの説明をしていてこれを見逃したのだった。(笑)

108-manekigusa-03.jpg
マネキグサ


赤いベビー服に赤い帽子をかぶった赤ちゃんのような、可愛い花だった。
初めて出会う野草は、不思議にその出会った場所を憶えているものだ。
マネキグサもきっとこの場所を忘れないと思う。
結局このマネキグサは、何キロも続く林道の、この数メートルの場所一箇所にしかみつからなかった。
場所を知ってる人の案内なしに、この花を見つけるのはとても難しいと思う。

109-manekigusa-02.jpg
マネキグサ2


110-houchakusou.jpg
ホウチャクソウの実


111-xxx.jpg
名前は分からないけれど綺麗な実


112-tsuruninjin.jpg
ツルニンジン


113-tsuruninjin.jpg
ツルニンジン2


114-gennoshoukoaka.jpg
ゲンノショウコ


115-gennoshokoshiro.jpg
ゲンノショウコ2


116-yamahakka.jpg
ヤマハッカ


117-yamahakka.jpg
ヤマハッカ2


119-menamomi.jpg
メナモミ



12時過ぎになったので、河原に降りられる場所を探してランチにする。

lunchi01.jpg


今日のランチは、初登場の"赤パプリカのソースのリングイネ"で、このソースは、直火に当てて真っ黒に焼いた赤パプリカの皮を向き、これを微塵切りにして、牛乳と一緒にフードプロセッサーにかけて、ピンク色のジュースにして、これを濾す。
フライパンで、剥きエビを、ガーリックオイルで炒め、このジュースを入れ、別に作ったペシャメルソース(ホワイトソース)に合せ、生クリームとパルミジャーノチーズを加えて、塩とコショウで味を整えたもの。
まずリングイネを茹で始める。

lunchi02.jpg


まだ芯の残る状態で茹でるお湯を捨てて、ソースを入れて温める。

lunchi3.jpg


これを皿に持って、パルミジャーノチーズを振りかけて出来上がり。
Oちゃんの感想では、味は濃厚だけれど、クドクないので幾らでも食べられるとか。
確かにOちゃん、たっぷり二人前は平らげてましたね。

lunchi4.jpg


ゆっくりとランチを楽しみ、神崎川を下り、一本南側の支流円原の林道に向かう。
Oちゃんもまだ歩いたことがない支流の林道を歩くことにした。

201-mizosoba.jpg
ミゾソバ


202-yabumyoga.jpg
ヤブミョウガ


203-tamaajisai.jpg
タマアジサイ


204-tamaajisai.jpg
タマアジサイ2


205-matsukagesou.jpg
マツカゼソウ



206-matsukagesou.jpg
マツカゼソウ2


207-fushigurosennou.jpg
フシグロセンノウ


208-tenninsou.jpg
テンニンソウ


209-tenninsou.jpg
テンニンソウ2


210-miminagusa.jpg
ミミナグサ


211-yabuzirami.jpg
ヤブジラミ


212-yabuziram.jpg
ヤブジラミ2


初めて見たミズタマソウ。
花の下の毛玉のような所に、水滴が付いて、丸い水玉ができるそうな。

213-mizutamasou.jpg
ミズタマソウ


そろそろ戻るかと川の対岸に目をやると、ダイモンジソウの群落がある。
目を下に向けるとやはりダイモンジソウがあったけれど、川岸に降りられる場所がない。

214-daimonjisou.jpg
ダイモンジソウ



川岸に降りられる場所を探しながら林道を下るけれど、崖状態が続いていてダメ。
ついに車を停めた場所にも取る頃には、ダイモンジソウも姿を消してしまっていた。
Oちゃんは、以前歩いた別の支流の入り口でもダイモンジソウがあった筈と、その支流に入ると、やはり会った。
さすがOちゃんと、ダイモンジソウの写真を撮って、本日の野草観察を終了する。

215-daimonjisou.jpg
ダイモンジソウ2


216-daimonjisou.jpg
ダイモンジソウ3


ダイモンジソウを野草の見納めにして、3時30分に円原を出発して帰途につく。
今日も一日、よく歩きました。
Oちゃん、お陰でマネキグサに会えました。ありがとう。
また次の野草観察の案内を楽しみにしていますよ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Re: タイトルなし

> マネキグサは本当に可愛らしいですよねー
> 私達もおくちゃんに初めて御案内頂いて、
> 見ることの出来た花です。
>
> BOGGYさんのランチはとても美味しいのでしょうー
> イタリアンのレパートリー広くて驚きます。
> おくちゃんもぺろりとたいらげてしまったのでしょうね。
>
> 秋の花盛りだくさんの一日で、
> 成果ありましたね!

おはよう。
ひなのきんちゃくさんもおくちゃんに案内されたのですね。
あそこは案内なしに探すのは難しいですよね。
おくちゃん曰く「BOGGYさんにすっかり餌付けされてしまって、逃げられない・・・」そうです(笑)
色々珍しい花を見せて貰えるなら、料理など苦になりませんね。
来年は伊吹山の「ひなのきんちゃく」を案内して貰おうと思っています。

BOGGY | URL | 2012-10-17(Wed)09:43 [編集]