BOGGYのイタリア料理と山と野草

イタリアファンのBOGGYが作って食べるイタメシのプログです。 登山、ピクニックのアウトドア・イタリアンはいかがでしょう。 革工芸も始めました。

余り物のパスタ

20121001-moolpasta-tytol.jpg



 革工芸に気をとられて買物に行きそびれ、今日はお昼の麺類の食材が無かった。
冷凍庫の中を見てみると、パエリャを作った残りのムール貝が数個、これも同じくイカの切り身も少々。
半端な食材はいつ迄も置いておけないので、これを使ってパスタのお昼にしようと思った。


 パスタケースを見ると、ここにもリングイネとスパゲッティが半端に残っていた。
赤いパプリカがあったので、これも使うことにした。
鍋にお湯を沸かして、沸騰したら最初にリングイネを入れて、湯で時間の差の1分が経ったらスパゲッティを入れます。
次に、ムール貝の殻をはずして、イカと一緒に、作り置きのガーリックオイル(薄切りにしたニンニクをエクストラ・バージンのオリーブ・オイルに漬け込んだもの)で炒めます。
炒める途中でパプリカも入れて、少し炒め、飲み残しの白ワイン半カップと、半カップのトマトソースを入れて、ワインのアルコールを飛ばしてから、塩とコショウで味を整えます。
白ワインもトマトソースも無かったら、水1カップとマギーのブイヨン一粒にしたでしょう。

20121001-moolpasta01.jpg


パスタの茹で具合を見て、バスタに細く芯が残っている状態で、フライパンに移し、1分弱ほどパスタにソースを吸わせます。

20121001-moolpasta02.jpg


これを皿に盛って、パセリを散らして出来上がりです。
涼しくなっ来ると、アツアツのパスタのランチもいいですね。
これで美味しく半端な食材が整理できました。

20121001-moolpasta03.jpg




PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する