BOGGYのイタリア料理と山と野草

イタリアファンのBOGGYが作って食べるイタメシのプログです。 登山、ピクニックのアウトドア・イタリアンはいかがでしょう。 革工芸も始めました。

ナツエビネ鑑賞と山室湿原のサギソウ(8月BOGGY会)

20120823-btytol01.jpg
画像クリックで拡大


 4年続けていた夏のキャンプを中止したせいもあって、この夏は何処にも出かけずに、家に篭って革のバッグ作りに熱中していた。
革のバッグ作りも楽しいけれど、やはり山を歩きたい、野草に会いたいというフラストレーションもかなり溜まっていて、23日の8月のBOGGY会をとても楽しみにしてバッグの仕上げを急いだ。



水曜の夜に、考えていたBOGGY会のランチの準備をした。
今はまだ山も暑いので、キンキンに冷やしたパプリカのスープに決めて、大きな黄色のパプリカ2個、玉ねぎ1個、ジャガイモ1個、ニンジン1/2本、これに生クリーム半カップ、マスカルポーネ・チーズ半カップを用意。
この材料でスープを作って、冷蔵庫で冷やした。

23日の朝は、9時過ぎの集合で、朝はゆっくり出来るのに、何故か5時前に目が覚めてしまった。
今日のイベントは毎年この時期の、自生するナツエビネの観察会で、久しぶりの山に少し興奮していたせいなのかもしれない。
また寝直すのも無理なので、SNSサイトの日記にコメントを返したりして時間を潰した。

8時過ぎに家を出て、待ち合わせ場所に9時ちょっとに到着。
既に到着している人達も居て、私の完成したバッグを見ようと待ち構えていたようだ。
次々に皆が到着して、バッグの観覧の輪に参加。苦労して作ったものが皆にイイネと言って貰えいると作り甲斐もあったというものです。
今日はこのバッグを使う予定はないので、車に仕舞いこんで目的の山に出発。

数年前に、この山のナツエビネの素晴らしい株が、見て一時間もしない内に、根こそぎごっそりと盗掘された悲しい出来事を体験して以来、ナツエビネの名前や写真をブログやHPに載せる時は、この山の名前を書かないことにしようと、皆で申し合わせをした。

2009年8月の日記「エビネの女王・ナツエビネ」


一時間ほどで登山口に到着して、登る準備をする。
今日はナツエビネの為に、重い一眼レフも用意していたので、カメラを忘れて来たというメンバーさんに、写真が無いとブログが書けなくなるというので、私のデジカメを渡すことにした。
今日のこのブログのナツエビネの写真以外は、このメンバーさんの視覚による写真です。彼女は私よりマメに写真を撮る人なので、普段私が取らないシーンも今回はブログに載せることができそうです。

山に入って最初の出会いはイワタバコ。
もう終わりかかっていて少し元気がない。それでも毎年健気に咲いて、我々を迎えてくれるのは嬉しい。

20120823-b02-iwatabako01.jpg


途中に以前何株か有った筈のナツエビネが姿を消していた。もともと登山道から見える所だったので、盗掘されるのは時間の問題かと覚悟はしていたけれど、やはり残念だ。
最初の沢に到着すると、清々しいそして冷えた沢の風が汗ばんだ体を冷やしてくれる。
ここで一枚記念写真。

20120823-b03-kinen01.jpg


次に出会った野草はキンミズヒキ、そしてセンニンソウ。

20120823-b04-kinmizu01.jpg
キンミズヒキ


20120823-b05-senninsou01.jpg
センニンソウ


2つ目の沢に降りるとここはフシグロセンノウの群落地。写真を撮りながら、やはり沢の涼しい風を味わった。

20120823-b06-2-fushigroseno.jpg


20120823-b06-fushigrosenou0.jpg
フシグロセンノウ


一端沢を離れて山道を進み、ナツエビネの群落のある秘密の場所に偵察に寄ると、株が随分減ってしまって、特に大きい株は姿を消して、若い花の三株しかみつからなかった。
少し落胆したけれど、写真は帰り道に撮ることにして、先を急ぐことにした。

道の途中に一株あった筈と、斜面に降りて探してくれた人がシダの葉陰に隠れていたナツエビネを見つけた。シダの葉が守ってくれたのかもしれない。

20120823-b06-natsuebine01.jpg
ナツエビネ


三度沢に降りてここからは沢沿いに登る。

20120823-b09-sawa01.jpg


滝の側に来ると涼しい滝風?が吹き下って心地良い。暫く滝を見ながら体を冷やす。

20120823-b10-taki03.jpg


沢沿いでソバナに出会う。ここのソバナは青くなくて白っぽい花だ。

20120823-b07-sobana01.jpg


深い緑の中に何段かの滝が、こうした場所の清々しい空気を胸一杯に吸い込む。
酷暑の夏に溜まった体中の生活の垢がきれいに洗い流されるような気がする。
8月中家の中に篭っていて、ああ山に行きたいと、こんな場所を想像していたのだった。

20120823-b08-taki02.jpg


鳥の声やセミの声を聞きながら、沢沿いに登り進む。
またも滝に出会ったので、アア涼しいと小休止。滝に出会う度に小休止のクセが付いてしまった。

20120823-b10-taki03.jpg


沢沿いで出会った花達、アカバナツリフネソウとウツボグサ、ハグロソウそしてシロバナゲンノショウコ。

20120823-b11-tsurifunesou01.jpg
アカバナツリフネソウ


20120823-b12-utsubogusa01.jpg
ウツボグサ


20120823-b13-xxx01.jpg
ハグロソウ


20120823-b14-gennoshoko01.jpg
シロバナゲンノショウコ


正午過ぎにようやく終点の滝に着いた。みなでご機嫌よく記念写真。

20120823-b15-kinen02.jpg


早速に滝の前で、ランチの用意。

20120823-b16-kinen03.jpg


皆が持ち寄ったものが並べられた。
パン色々、ケーキ?、果物色々、お菓子など。

20120823-b17-lunchi01.jpg


私も冷たく冷やしたスープにチーズを振って配ります。
残暑の山には冷たいスープが正解でしたね。
八人前の量を6人で完食しました。

20120823-b18-lunchi02.jpg


ゆっくりとランチを楽しんでから下ります。
振り返って、ランチをした滝の景色にサヨナラをします。

20120823-b19-veu01.jpg


ここからは帰り道に寄って撮ったナツエビネのアルバムです。

20120823-Ebine01.jpg
クリック拡大


20120823-Ebine02.jpg
クリック拡大


20120823-Ebine03.jpg
クリック拡大


20120823-btytol01.jpg
クリック拡大


ナツエビネの山から、午後は滋賀県の山室湿原に転進して、サギソウの鑑賞に向かいました。

20120823-yamamuro01.jpg


20120823-yamamuro02.jpg


先月、盛だったカキランとサワギキョウは終わって、一本だけサワギキョウが残っていました。

20120823-yamamuro-b01-sawag.jpg


とても小さいミミカギグサは、カメラマン泣かせの花です。

20120823-yamamuro-b03-mimik.jpg
ミミカギグサ


20120823-yamamuro-b02-mimik.jpg
ミミカギグサ


20120823-yamamuro-b04-mimik.jpg
黄色のミミカギグサ


そして今が盛のサギソウが沢山咲いています。
激写するBOGGYのおっちゃん

20120823-yamamuro03.jpg


20120823-yamamuro-b02sagiso.jpg
クリック拡大


20120823-yamamuro-b04sagiso.jpg
クリック拡大


20120823-yamamuro-b03sagiso.jpg
クリック拡大


湿原の奥にはまだヒツジグサが咲いていました。

20120823-yamamuro-b06hitsuj.jpg
クリック拡大



湿原の日陰で、残っていたデザート類と飲み物で小休止。

20120823-yamamuro04.jpg


湿原を出ると、雄大な滋賀県の花の山、霊仙が目の前に。

20120823-yamamuro-b07ryouze.jpg


ここからは一途に待ち合わせ場所に戻って解散です。
一ヶ月の山の禁断症状もこれで完治したようで、やはり山と野草は私の命の糧ですね。
ナツエビネの株が随分減ってしまったのが残念で気になります。
気候のせいか盗掘のせいか、はっきり断定はできないものの、来年もまた貴重なナツエビネが無事に見られることを祈ります。

今日一日、お付き合い頂いたBOGGY会のメンバーさん達に感謝です。
また来月よろしくお願いしますね。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ジオンさん、ひなのきんちゃくさん、ケーキさんおはよう。
涼しい沢で、美しいナツエビネに会えるなんて、なかなかで、毎年行きたくなりますね。
東京にお住まいのひなのきんちゃくさんが、゛楽しそうで羨ましい"そうです。
お近くなら、良かったのにね。
ひなのきんちゃくさんは、おくちゃんの案内で、一度ここにお見えになられているのですよね。
きっと懐かしくご覧になられたと思います。
ひなのきんちゃくさんとは偶然知り合って、その後におくちゃんが共通の知り合いと分かりました。
ジオンさんも、ケーキさんもおくちゃんの案内で里山を一緒してますしね。
ネットの世界も結構狭いのかもね。

BOGGY | URL | 2012-08-27(Mon)07:35 [編集]


滝のそばがヒンヤリとして とても涼しかったです。
特製スープもヒエヒエでのどごしがよく美味しかったです。
快適な山歩きに連れて行っていただきありがとうございました。
たくさんのサギ草も感動しました。
カバンも写真どおり想像どおり素敵でした。今日は美しいものとたくさん出会うことができよかったです。

ケーキ | URL | 2012-08-26(Sun)22:22 [編集]


やはりナツエビネは美しいですね!
パプリカの冷製スープおいしそう~
汗をかいて冷たいスープは嬉しいですね。
素晴らしいBOGGY会ですね。
楽しそうで羨ましいです。

ひなのきんちゃく | URL | 2012-08-26(Sun)20:01 [編集]


先日はありがとう
やはり、涼しくて気持ちの良い沢沿いの歩きでしたね

冷製スープもおいしかったです。

こちらはナツエビネ無しの伊吹野散策でアップします

ジオン | URL | 2012-08-26(Sun)19:40 [編集]