BOGGYのイタリア料理と山と野草

イタリアファンのBOGGYが作って食べるイタメシのプログです。 登山、ピクニックのアウトドア・イタリアンはいかがでしょう。 革工芸も始めました。

幻のレンゲショウマに会えました!!!

20120825-rengeshoma4.jpg
クリック拡大


 8月23日のナツエビネに続き、一日置いて25日には私にとって幻のレンゲショウマに会いに行くことになった。
キンポウゲ科レンゲショウマは12の都道府県で絶滅危惧種に指定されていて、岐阜県レッドデータブックでは絶滅危惧Ⅱ類に指定されている。
それだけになかなか見られない花の一つで、私にとっては幻の花だった。
ちなみに23日のナツエビネは岐阜県では準絶滅危惧にリストされている。


PageTop

ナツエビネ鑑賞と山室湿原のサギソウ(8月BOGGY会)

20120823-btytol01.jpg
画像クリックで拡大


 4年続けていた夏のキャンプを中止したせいもあって、この夏は何処にも出かけずに、家に篭って革のバッグ作りに熱中していた。
革のバッグ作りも楽しいけれど、やはり山を歩きたい、野草に会いたいというフラストレーションもかなり溜まっていて、23日の8月のBOGGY会をとても楽しみにしてバッグの仕上げを急いだ。


PageTop

初めての革工芸 (Ⅶ)ショルダー兼用バッグ

newbagtytol01.jpg


 革工芸というものに手を出したのは6月の半ばで、たった二ヶ月にも及ばない初心者が、バッグを作ると宣言してしまった。
8月の初めから作るバッグのことを考えるようになって、考えれば考えるほど、自分が無謀なことをしようとしているのでは?と不安を感じるようになった。


PageTop

初めての革工芸 (Ⅵ)折り畳み買い物バッグ

superbag00.jpg


 次の製作アイテムをショルダー兼用のバッグに決めたものの、デザインの構想など始めると、ここはどう作ればいいのか・・ここはどう縫えばいいのか・・・こんな疑問が次から次に出てきて、やっぱり革工芸の基礎技術をある程度体験しないとバッグを作るのは難しそうだ。

PageTop

初めての革工芸 (Ⅴ)レーシングポニーとキーケースを作る

keyholder-tytol.jpg



初めて革のバッグ作りに挑戦するには革工芸の技術と経験がまだまだ足りないのでは?
という懸念があって、デザインの構想を練りながら、デパートに出向いて、バッグ売り場で丹念に革バッグの縫い加工、仕上げなどをチェックした。
あまり熱心に商品をチェックしていたので、売り場の係りの女性は、何時呼ばれるかと期待を込めてじっと待っていたのに、冷やかしと分かって残念そうだった。御免なさいネ。


PageTop