BOGGYのイタリア料理と山と野草

イタリアファンのBOGGYが作って食べるイタメシのプログです。 登山、ピクニックのアウトドア・イタリアンはいかがでしょう。 革工芸も始めました。

低山散策「八曽山(黒平山)327m」BOGGY会110127

110127-yasoyama-00.jpg
画面クリックで拡大画像


2011年初めてのBOGGY会は、昨年12月に予定していて天候でお流れになった、愛知県犬山市の八曽山に行って来ました。
ここは犬山八曽自然休養林と呼ばれ、犬山市の東部から岐阜県境に位置する通称愛岐丘陵と呼ばれる丘陵性山地で、犬山、八曽の二つの国有林で構成され、全区域が飛騨木曽川国定公園に指定されています。
八曽山(黒平山)は八曽エリアの自然休養林にあります。
私は登山を始めて1年の2006年6月に一度来ていて、懐かしい場所でもあります。


PageTop

雪の里山散策Ⅱ(滝谷山:398m)110123

110123-takitaniyama-01.jpg
画面をクリックで拡大写真に


今日はネットの山仲間の企画、「陽だまりハイク」に参加して、岐阜県大野町の里山
滝谷山に登ることになった。
朝6時に起床。しばらく早朝の起床をしていないので眠い。
朝食はフランスパンに生ハムのサンドイッチとコーヒー。
登山の服装は前回の百々ヶ峰と同じだけれど、今回はランチのメニューにパエリャのパスタ版、フィデウア(Fideua)の山バージョンにした。
鍋、ガスコンロ、ガスボンベ、15人の参加なので鍋に目一杯の食材と調理用の水。
これでザックは、他の装備も合わせて10キロになった。
私のような体力不足な登山者には、この10キロのザックはかなりの負担になる。
山の標高が金華山とそう変わらないし、歩く距離はちよっと長いけれど6キロ位と見積もったので、なんとかなると思った。
7時20分に、近所の山仲間のご夫婦を迎えに行き、待ち合わせ場所の大野町の運動公園にジャスト8時到着。
もう全員が到着していた。
山の近くになって、昨晩から今朝にかけて降った雪で、滝谷山が樹氷のように、山全体が銀色に時折差す薄日に輝いて、とても美しい山に見えた。
里山でもこんなに美しく見えるのだと少し感激した。


PageTop

雪の里山散策(百々ヶ峰:芝生広場326m)110118

110118-dodo-end.jpg


16日の朝から降りだした雪は、午後には20センチを越えて積もり、夜には30センチ近い、岐阜では数年ぶりの大雪になった。
久しぶりの雪かきもさせられたけれど、雪を見ると私は何故かワクワクするのである。


PageTop

今年初の登山-相戸岳(671m)山県市

110104-aido-sanchou.jpg


暮れの山仲間の恒例の忘年登山を風邪のために欠席するハメになって、最高のコンディションの雪を踏み損ねてしまった。
私が世話役だった元旦登山も悪天候で中止をしたし、暮れから山のツキが落ちてしまったような気がしていた。


PageTop