BOGGYのイタリア料理と山と野草

イタリアファンのBOGGYが作って食べるイタメシのプログです。 登山、ピクニックのアウトドア・イタリアンはいかがでしょう。 革工芸も始めました。

映画で見た二つの肖像画(2)


20070829134020.jpg

真珠の耳飾りの少女(青いターバンの女)

以前、小説が映画化された作品について書いたことがある。
先に本(原作)を読んでから映画を見ると、ほとんどの場合はガッカリすると書いて、ただ一つ、スティーブン・スピルバーグのデビュー作の映画「激突」は例外だったと書いた。


PageTop

映画で見た二つの肖像画(1)


20070829133257.jpg
ジャンヌ・エビュテルヌの肖像(青い目)

先月「モディリアーニ」(真実の愛)という映画が公開されたのを知って見に行った。
今年は画家をテーマにする映画を幾つか見た。メキシコの壮絶な画家フリーダや、アメリカのアクション・ペインティングの代表的な画家ポロックなど、この画家達の置かれた条件は異なるけれど、いずれも「壮絶な」と言える生き方が描かれた映画だった。
これまで画家がテーマになる映画は見逃したことは無いし、若い頃心酔したモディリアーニとなればなおさらである。


PageTop