BOGGYのイタリア料理と山と野草

イタリアファンのBOGGYが作って食べるイタメシのプログです。 登山、ピクニックのアウトドア・イタリアンはいかがでしょう。 革工芸も始めました。

2018年 元旦

2018年賀
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

近況の報告です。
ちょっとブログを休憩と、ブログの更新を怠ってしまい、そのまま復活の機会を失って、気にはなっていたものの、気が付くと丸二年も過ぎてしまいました。
きっかけは気管支炎になった後に呼吸系の具合が悪くて、登山の回数が激減したせいでした。
登山の回数が減ると、体力も減退して、登山がきつくなり、登山が減る悪循環に嵌ってしまいした。
好きな料理は続けていますし、登山が減った分、平地を歩くのは呼吸に負担がないので大丈夫なのです。
書きかけの鯖街道の追跡取材もしています。
また登山に明け暮れていて出来なかったあちこちの観光地や名刹、好きな三重の塔を拝見しに出かけるようにもなりました。
こんなことでブログのテーマは増えるばかりになってしまいました。
何処から手をつけようかと、そんな迷いもあって、更新がなかなか出来ない状態です。
今年はなんとか再開をしようと思っています。
これからの季節に合わせて、二年送れでスタートすればいいかもしれませんね。
PageTop

謹賀新年2017

nenga800.jpg
PageTop

謹賀新年

完成web01
PageTop

ピザ窯完成披露のピザパーティ

1-ピザ釜01

 私の親しい山友のご夫婦が10年前に私のイタリア料理に触発されてしまい、奥さんは「私を弟子にして下さい」と、本気になってイタリアンを勉強したいと言い出す始末。
そして10年、今では弟子どころか師範代のレベルになって、友人知人にイタリア料理を教えるまでになっている。
長年食の世界で仕事をしていたプロなので、料理に向う姿勢が違うと思う。
このご夫婦が、ご自宅を新築の折りに、庭にピザ窯を作る事を思い立ち、旦那さんは構想2年、製作に2年を費やして、ついに本格的な耐熱煉瓦のピザ窯を作り上げた。
横には煉瓦と石板の調理台が付き、屋根付きの本格的なピザ窯で、さすが建築家ならではの作品になったと思う。
PageTop

むかごとあさりの炊き込みご飯

ムカゴ00

私は買った食品を仕舞い込んで忘れてしまう癖があるので、たまに冷蔵庫や食品戸棚を点検しないとマズイ事になる時もある。
ある時冷蔵庫で、緑色のドロドロした物体の入ったパックを見つけたが、その元はキュウリだった。

PageTop

茸のタリアテッレ・クリームソース

タリアテッレ茸ソース

 私は一人外食は嫌いなので、昼食はほとんど家で作って食べる。
昼のメニューは基本的に麺類と決めていて、ラーメン、うどん、蕎麦、パスタを順繰りに食べる。たまにはピザにもなるけれど、これは頻度は低い。
PageTop

二つの塔に魅せられて(1)明通寺三重の塔

00三重の塔
画像をクリックすると拡大します


 岐阜に来て7年目の2007年8月に、以前から興味を持っていた「鯖街道」を訪ねて、琵琶湖の湖北を回り、近江の今津町から、国道303号(若狭街道)で西に向かい、京都からの国道307号(鯖街道)に出会って福井の小浜に向かった。
PageTop

粗引きソーセージと生ハムのピザでランチ

20150311-PizaLanch00.jpg
画像クリックで拡大

 仕事関係で十年以上も前からの顔見知りのワーキングママさん?に、「私一度もBOGGYさんの料理ご馳走になった事が無いの・・」と、こう言われてしまうと、「あっそれは大変失礼いたしました。」と、早速予定を合わせてランチを食べに来て頂くことになった。
PageTop

ムール貝のチーズ焼き

20150310-mool02.jpg
画面クリックすると拡大表示

 冷凍庫を整理していたら、パエリャで使い残したムール貝を冷凍庫に放り込んだまま、忘れていたのが出てきた。
半端な数なので残して置いても仕方ないと、食べてしまうことにした。
以前にムール貝のパスタは作ったことがあるけれど、別の何か作ってみようと考えた。
PageTop

映画 鳥の道を越えて

鳥の道を越えて

 昨日(6日)朝、山友からの登山のリポートのメールが入っていた。
山のリポートの他に、物凄く久しぶりに映画を見たと書いてあって、ドキュメンタリー「鳥の道を越えて」という映画の話だった。
PageTop